Macで使えるフリーのブログエディタ「Qumana」

screenshot_14.png
WindowsではWindowsLiveWriterという最強ソフトがありますが、Macではectoというシェアウェアくらいしかありません。このectoも、LiveWriterと比較すると若干劣る部分があります。Ping指定が面倒だったり、WYSIWYGが結構糞で、ソースコードを行き来すると勝手にfont指定されていたり、リストが入れ子になりまくってバグったりします。(といいつつ、このエントリーはectoで書いていますが)

そんなこんなで有料のectoでもこの状態なわけで、Qumanaはさらにフリーソフトということで期待せずに試用してみたところ、これがまずまず。Windows版とMac版が提供されていますが、設計はなんとなくWindowsっぽい。

screenshot_16.png
画像はドラッグ&ドロップできます。

screenshot_17.png
複数枚の画像も一度にアップできます。
LiveWriterのように、指定したサイズにまとめてアップというのは無理です。

他にectoよりいい部分としては、WYSIWYG部分がしっかりしている印象があること。YouTubeのEmbedを埋め込んでも勝手に修正されたりしません。デフォルトのフォントサイズも見やすくていいです。Ping指定は一括で行えるので、ectoのように一つ一つのブログでいちいち設定する必要がありません。

ectoより駄目な部分は、フリーソフトなので記事に「Powered by」が入ること(消そうと思えば消せますが)と、追記記事が設定できないこと。

逆に、それくらいしか不満を感じないいいソフトだと思います。
追記を書かないという人でMacの人はQumanaはオススメです。

[ Qumana blog editor and blogging tools ]

4件のコメント

  1. Macで使えるフリーのブログエディタを探していました。
    とても参考になりました。
    使ってみようと思います。
    ありがとうございました。

コメントは停止中です。