色の与える心理的影響

以下は、色が無意識に人に与える心理的効果として一般的なものです。
主に家具などを対象にしているようですが、勉強系のサイトでは集中力の高める青色系統を用いるなど、webサイトの配色としても参考になるかもしれません。

aka.png
赤色

  • 気分を高揚させる。
  • (果実・肉)食欲を刺激する。
  • 前向きな気分になる。
  • 時間経過が早く感じる。

ao.png
青色

  • 集中力を高める。
  • 血圧、脈拍を落ち着かせる。
  • 食欲を減退させる。
  • 時間経過が遅く感じる。

オレンジ色
オレンジ色

  • (果実)食欲を増進させる。
  • 陽気になる。

kiiro.png
黄色

  • 便秘に効果がある。
  • 注意を喚起する。
  • 記憶力を高める。

緑色
緑色

  • リラックスさせる。
  • 知識欲を高める。
  • 目に優しい。(アイレスト・グリーン)

murasaki.png
紫色

  • ストレスの緩和。
  • 神秘的。
  • 想像力を高める。

pink.png
ピンク

  • 安らぎを与え、緊張をやわらげる。
  • 老化防止。
  • 女性ホルモンの分泌を促進。
  • 円満な気持ちになる。

tyairo.png
茶色

  • 気分を落ち着かせる。
  • 誠実、責任感。

haiiro.png
灰色

  • 個性を消して、平凡にする。

kuro.png
黒色

  • 自己主張を強化する。
  • 自分の弱さを隠す。
  • 他の色との相性はいいが、大量に使うと重く陰鬱な印象。