[WP] CORESERVER系のWordPressは、パーミッション707で書き込み許可

VALUEDOMENのサーバー(CORESERVER, XREA, VALUESERVER)にインストールしたWordPressで、アップロードフォルダやテーマの書き込み許可を行うときは、パーミション755ではなくて707にします。

757でも通りますが、707よりちょっとセキュリティが甘いので、757で運用している場合は707に変更しておきましょう。

続きを読む →

[WordPress] XREA・CORESERVERでプラグインの自動アップデートを使う

XREAやCORE SERVERに設置したWordPressでは、PHPがセーフモードで動作する為、ファイルのアップロードやプラグインの自動アップデートなどの便利な機能が制限されてしまいます。

これらの機能を使いたい場合、下記の内容を入力した.htaccessファイルを /wp-admin にアップロードして、PHPをCGIモードで動作させる必要があります。(.htaccessは不可視ファイルなので、あらかじめ不可視ファイルを表示する設定にしておくこと。)

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

もしくは、下のzipを解凍して /wp-admin にアップロード。

参考:セーフモードによる制限と対処方法 – WordPress Codex 日本語版

[WordPress] XREAからSAKURAへ移転ついでにSQLの文字化けを直す

mojibakedbtable.png

XREAからSAKURAへWordPressを移転する際。

XREA側のphpMyAdminで該当データベースを見てみると、データベーステーブルのエンコードが utf8_general_ci になっているのに、日本語のデータが文字化けしています。ちょっと気持ち悪いので、移転ついでに直したい。(こうなった理由は、昔のサーバーのMySQLが当初EUCで、後々、UTF-8に対応するために wp-config.php に mb_language(‘Japanese’); と mb_internal_encoding(‘UTF-8’); を追記しているからだと思います。)

とにかく、このままの状態でphpMyAdminでエクスポートしたら、移転先でも同じ状態になるので、WordPressからバックアップPlugin「WordPress Database Backup」を使ってエクスポートした.sqlファイルを、移転先のphpMyAdminにインポート。

これで、データベース側の文字化けは無くなりましたが、このままだとWordPress側で文字化けが発生するので、wp-config.php の mb_language(‘Japanese’); と mb_internal_encoding(‘UTF-8’); を削除、wp-config-sample.php と比較して抜けていた部分の define(‘DB_CHARSET’, ‘utf8’); と define(‘DB_COLLATE’, ”); を追記しました。