画像に使われている色からカラーパレットを自動生成「Palette Creator」

PaletteCreator Chrome

Webサイトの配色を決めるとき、アナタはどうしていますか?

Palette Creatorは、画像からカラーパレットを自動生成できるChrome拡張機能です。Chromeで開いている画像ファイルを右クリックして、Palette Creatorを選ぶだけで、その画像に使われている色をカラーコードにして一覧してくれます。

使いたい色があれば、そこからコピペすればOK。
生成できるカラーコードは、8色 / 16色 / 24色 / 32色 から選択できます。

どういう配色にしようか迷っている場合は、こういうツールを試してみるのもいいかもしれませんね。

Source: Palette Creator

Adobe AIRでカラーパレットやGoogle Analytics

まずはAdobe AIRランタイムをインストールします。クロスプラットフォームなのでWinとMacどちらでも使えます。

colorbro1.png
Color Browser

COLOURloverskulerからダウンロードしたase形式のカラーパレットを確認できるビューワー。.aseをドラッグ&ドロップで登録できるが、一括登録ができないので若干めんどくさい。(カラーパレットのダウンロードは要会員登録)

続きを読む →