WordPressのデバッグモードを有効にしてエラーメッセージを表示させる

Wordpress debugsetting

WordPressをインストールした状態では、エラー発生時に真っ白になるだけで、何故エラーが発生しているのか原因はわかりません。デバッグモードを有効にすることで、エラー発生時にはエラーメッセージを表示させることができます。

デバッグモードは、wp-config.php

define(‘WP_DEBUG’, false);

から

define(‘WP_DEBUG’, true);

に変更するだけで有効になります。

Cloudflareに設定したドメインは、サブドメインもネームサーバーの変更の必要あり

Cloudflare subdomain 02

画像をキャッシュしてWebページの表示を高速化するCDNサービス「Cloudflare」で、ドメインのネームサーバーをCloudflareに変更した場合は、サブドメインも設定する必要があります。

まずは、CloudflareのDNSから、サブドメインを追加します。
Aレコード、サブドメイン名、サーバーのIPアドレスを入力してAdd Record。

Cloudflareの設定はこれで完了です。 

続きを読む →

WordPressのXML-RPCに、日本国内とCloudflareからのアクセスのみを許可する

Htaccess

WordPressのXML-RPCやログイン画面に、日本国外からアクセスを拒否する.htaccess を設定している場合、CDNサービスの「Cloudflare」からのアクセスも拒否してしまいます。

日本国外からのアクセスを拒否しながら、Cloudflareからのアクセスは許可するには、.htaccessにCloudflareのIPレンジを追記します。

続きを読む →

確定申告で入力するアフィリエイトASPの名称と所在地一覧(平成28年分)

E tax kakuteishinkoku affiliate

確定申告の雑所得にあたるアフィリエイトによる収入。
入力時には上記のように種目「広告収入」として、ASPの会社名と住所を記入する必要があります。特にIT系企業はコロコロ住所が変わることが多いので、常に最新のものを記入したいところ。

みなさんは、ほぼ国税庁の確定申告書等作成コーナーからオンライン入力を利用するかと思いますが、入力フォームには文字制限があり最大28文字までしか入力できません。その為、ASPの会社名や住所が長すぎる場合は、省略可能な部分を省くことができます。

(平成28年分に更新しました:2017/03/01 20:50)

続きを読む →

CDNでWordPressの表示速度をアップ、Jetpackの「Photon」導入方法

JetPack Photon 02

画像が多いWordPressはどうしても表示に時間が掛かりがちです。

モッサリしたWebページの表示速度を上げるには、「Cloudflare」などのCDNサービスを使って画像ファイルをキャッシュする方法がポピュラーですが、サブドメインでWordPressを運用している場合では、WordPress.comの提供するプラグイン「Jetpack」を導入して、画像ファイルをWordPressのサーバーでキャッシュしてくれる機能「Photon」を利用するのが一番簡単で効果も大きいです。

今回は、「Jetpack」の導入と「Photon」を有効にするまでを解説します。

続きを読む →