WordPressにパンくずリストを表示するプラグイン

その記事のサイト内での位置を分かり易く表示する「パンくずリスト」をWPで表示する方法です。検索エンジンからのサイト訪問者に分かり易くナビをする事で、ユーザビリティの向上に繋がります。

プラグインBreadcrumb Nav XTの導入

  1. Breadcrumb Navigation XTをダウンロード。
  2. 解凍したら wp-content/plugins/ にアップロードして、プラグインの管理から有効化。

コード埋め込み

テンプレート(シングルポストなど)に以下のコードをコピペします。

<?php if (class_exists('breadcrumb_navigation_xt')) {

	// New breadcrumb object
	$mybreadcrumb = new breadcrumb_navigation_xt;
	// Options for breadcrumb_navigation_xt
	$mybreadcrumb->opt['title_blog'] = 'Home';
	$mybreadcrumb->opt['separator'] = ' &raquo; ';
	$mybreadcrumb->opt['singleblogpost_category_display'] = true;
	// Display the breadcrumb
	$mybreadcrumb->display();
} ?>
  • url_blog : ブログURLを指定
  • title_blog : ブログのタイトルを指定
  • separator : セパレーター>の変更

プラグインエディタでカスタマイズ

FTPで /wp-content/plugins/breadcrumb-navigation-xt.php のパーミッションを707等にして、プラグインエディタで表示のカスタマイズをします。

ws000441.png
Blog article:という表示が邪魔だったのでソートして削除。

設定の変更はいろいろ出来ますが、パンくずリストとして表示できればOKなのでそこまで弄らなくてもいいかな。

WordPressのタイトルをSEO向けにする

WPのtitleはデフォの状態ではSEO向きではないので、titleを改変するwp-title-suffixというプラグインがありますが、このwp-title-suffixはパンくずリストプラグインのBreadcrumb Navigation XTの動作に影響が出てしまいます。

そこで、プラグインを使わずにSEO向きにする事でそれを回避する方法。

プラグインを使わずにtiteのSEOカスタマイズ方法

テーマエディタでヘッダーテンプレートのtitle部分を以下のものに変更します。
ブログのタイトル部分には自分のサイト名を入れてください。

<title><?php wp_title('ブログのタイトル なくてもいい'); ?><?php if(wp_title('ブログのタイトル', false)) { ?> | <?php } ?><?php bloginfo('name'); ?></title>

htmlやPHPなどのソースをBlogに表示する方法

< >をそのまま入力するとコードとして認識されるので、 < を &lt; に、> を &gt; にそれぞれ書き換えなければいけません。
基本的にhtmlコードなどをブログなどに記載する場合は、<pre>タグを使うようになっています。

<pre>タグタグを使う場合

<pre><code>
ソースコード
</code><pre>

という風に、<pre>タグで<code>タグを囲って使います。
ただ、このままだと折り返さないコードの場合は、横幅がスゴイことになってしまうのでcssでちゃんと折り返されるようにします。

pre {
 white-space: pre-wrap;       /* css-3 */
 white-space: -moz-pre-wrap;  /* Mozilla, since 1999 */
 white-space: -pre-wrap;      /* Opera 4-6 */
 white-space: -o-pre-wrap;    /* Opera 7 */
 word-wrap: break-word;       /* Internet Explorer 5.5+ */
}

WordPressプラグインを使用してコードを表示する場合

同梱されているcssはテンプレートcssに入れればOK。
このcssを編集すればフォントの大きさやボーターカラーの変更ができます。

/*
ハイライトする色の指定
*/
.hl-surround{
    -moz-border-radius: 5px;
    background-color: #F9FBFC;
    border: 1px solid #C3CED9;
    padding: 8px;
    margin-bottom: 5px;
    width: 500px;
    overflow: auto;
    text-align: left;
}

.hl-surround, .hl-surround pre, .hl-surround span{
	font: normal 10pt 'Courier New', monospace;
}

.hl-default{
	color: Black;
}
.hl-code{
	color: Gray;
}
.hl-brackets{
	color: Olive;
}
.hl-comment{
	color: #ffa500;
}
.hl-quotes{
	color: #8b0000;
}
.hl-string{
	color: Red;
}
.hl-identifier{
	color: Blue;
}
.hl-builtin{
	color: Teal;
}
.hl-reserved{
	color: Green;
}
.hl-inlinedoc{
	color: Blue;
}
.hl-var{
	color: #00008b;
}
.hl-url{
	color: Blue;
}
.hl-special{
	color: Navy;
}
.hl-number{
	color: Maroon;
}
.hl-inlinetags{
	color: Blue;
}
.hl-main{
	background-color: transparent;
}

.hl-main pre{
	margin: 0; padding: 0;
}

MovableType用プラグインを使用する場合

エントリー投稿画面に追加される「&」ボタンを押すだけで、選択した文字列を実体参照化してくれる便利なプラグイン。

[MovableType用EntityRefButtonプラグイン v0.0.5 ]

WordPressに、はてブ&del.icio.usに登録ボタンを付けるプラグイン

アクセスアップにも繋がりそうなブックマーク追加ボタンですが、WordPressには、エントリーに「はてなブックマークへ登録」「del.icio.usに登録」ボタンを付けるプラグインがリリースされているので、それを利用すればお手軽です。

[ WP-hatenaプラグイン ]

使い方は上記サイトでも解説されていますが、以下のコードをテンプレートの表示したい場所に埋め込むだけ。(del.icio.usのアイコンは他からダウンロードしてきて、delicious.12px.gif にリネームしてwp-hatenaフォルダに一緒にアップロード。)

<?php if(isset($wph)) {

     $wph->addHatena();

     $wph->adddelicious();

 }?>

FeedBurnerに「ブックマーク系サイトに追加ボタン」を付ける

FeedBurnerには「FeedFlare」という、記事をソーシャルブックマーク系に登録するボタンを追加する機能があります。

FeedBurner日本版にはデフォで、はてなブックマークへ追加ボタンがありますが、FeedBurner本家にはdel.ico.usやDiggしかありません。が、パーソナルFeedFlareとして後から追加できます。

 

FeedBurnerに登録するFlare各種

Flareの登録方法

 
ws000433.png
FeedBurner本家の場合は、Optimize > FeedFlare から Add New Flareフォームに、上記リストの.xmlファイルURLを入力します。

日本版は、最適化 > フィード・フレアから。
ボタンを日本語にしたい場合は、.xmlファイルをダウンロードして「Add to ○○」の部分を書き換えて、自分のサーバーにアップロードするなどして対応してください。